書類にサインする女性

印鑑の種類とその利用法

大人になると、様々なシーンで必要となる「印鑑」ですが、それぞれ使う場面によって必要となる印鑑の種類が異なることをご存知ですか。
例えば、インターネットで購入した商品を受け取る場合は「認印」を、銀行や郵便局で新たに口座を開設する場合は「銀行印」が必要となり、もし帳簿や伝票などの誤りを発見した場合はその部分を正すために「訂正印」を押すなど、用途に合わせて印鑑を使い分けなければなりません。また、これから起業をお考えの方の場合、個人とは別に法人用の印鑑も必要となります。
そこで、今回は日本人が生きてゆく上で必ず必要となる3つの印鑑「実印」「銀行印」「認印」について詳しくご説明します。

実印

「金は貸しても、実印貸すな」という言葉が生まれるほど、日本人にとって最も重要な印鑑のひとつが「実印」です。

実印とは、現在あなたが住民登録を行っている各市区町村の役所にて印鑑登録を行い、国から正式に印鑑証明を受けた印鑑のことです。
それぞれの市区町村の条例によって、やや規定が異なりますが、個人の場合は8mm以上25mm以下の欠けやすい素材以外で作られた印鑑ならば、姓名・姓のみ・名のみでも実印として登録することが可能です。

よく結婚した場合は夫婦で使用することができると思っている方も多いですが、印鑑登録を行った実印は、1人1本のみとなっており、たとえ夫婦であっても同じ印鑑を2人で登録することはできませんし、共有することもできませんので、1人1本ずつ別々の実印を登録する必要があります。

法人の場合、個人の実印と区別するため、2重枠にし、外側に会社名、内側に「代表取締役印・代表之印・理事長印」などの文字を入れるのが基本となります。法人用の実印は30mm未満が規定となっておりますが、18mm~21mmが標準サイズとなっています。

【実印の用途】
・公正証書作成
・金銭その他の貸借証書ならびに契約書
・不動産取引
・遺産相続
・官公庁での諸手続、恩給、供託
・マイカーローン
・保険金や保証金の受領など

銀行印

都市銀行や地方銀行などの金融機関を利用する際に必要となる「銀行印」ですが、法律的にはこのような呼び名の印鑑は存在しません。しかし、銀行や郵便局、JAなどで新たに口座を開設する際や保険や証券などの契約の際に必要となる印鑑ですので、必ず1本は用意しておきましょう。

基本的に「名字のみ」もしくは「名前のみ」で作られる方の多い銀行印ですが、各金融機関の印鑑として使用する場合、『お金が縦に流れませんように』というゲン担ぎから名字・名前共に右から左の横文字で彫るのが良いと言われています。

銀行印の役割は、実印は必要ないが金銭の受け渡しなど日常生活で金銭を管理する上で非常に重要な存在のため、100円ショップなどで販売されている既成の印鑑では金融機関側から「この印鑑は使用することができない」とお断りされるケースもあります。

最近では、銀行印を実印と兼用している方も多いのですが、万一盗難に遭った場合、各金融機関への変更届だけではなく、実印登録の廃止や改印手続きなどを行う必要が出てきますので、たいへん手間がかかります。
そのため、現在各金融機関ではこうしたトラブルを防ぐため、通帳に印影シールを貼らないようにしています。

ですが、いつ何時こうしたトラブルに巻き込まれるか分かりませんので、銀行印と実印は別々に分けて使用することを強く推奨します。

【銀行印の用途】
・預貯金関連全般
・証券、国債、社債など

認印

ネットで購入した商品を受け取るときや回覧板の確認、お給料の受領など日常生活のあらゆるシーンで用いられている「認印」は、実印や銀行印と比べると重要度は低めなのですが、これが無いだけで生活がやや不便になるため、一家に1本は必ず置いてある万能印鑑です。

認印は別名「仕事印」とも呼ばれており、職場で使用される認印の場合、役職や勤続年数、職業などによってサイズを変更される男性も多いそうです。

実印や銀行印とは異なり、認印は確たる公的な証明力は低いものの、書類や契約内容の承認に関わる効力はありますので、内容を確認せずにポンポン押してしまうと、後日大変なことになりますので、証明力が低いからといって侮ってはいけません。

また、認印としてよく用いられているのが100円ショップなどで販売されている朱肉不要の印鑑「シャチハタ」ですが、稀に「三文判」を使用している方もいます。
しかし、三文判は実印として印鑑登録可能な印鑑ですので、三文判を認印として用いる場合は家族に相談してから使用するようにしましょう。

【認印の用途】
・出勤簿
・書留受領証
・領収書
・出生届、死亡届
・学校関連の書類や業務上の確認
・荷物の受け取り
・履歴書など

オススメサイト

  • 大阪印材舎

    お客様が納得いく価格で卸します。高品質な印材を低価格で提供する印材卸の専門商社なら、こちらがおすすめです。

ニュース

2017/02/02
印鑑と判子は何が違うの?を更新しました。
2017/02/02
印鑑書体の種類を更新しました。
2017/02/01
印鑑に使われる素材についてを更新しました。
2017/02/01
日本における印鑑の歴史を更新しました。