書類にサインする女性

日本における印鑑の歴史

社会人ならば必ず1つは持っている「印鑑」ですが、日本ではいつ頃から印鑑が使用されるようになったのかご存知ですか。

印鑑の歴史は古く、紀元前5000年ごろから存在し、その発祥地は現在イラクのあるメソポタミアであると言われています。当時使用されていた印鑑は、外周部分に絵や文字が刻まれた円筒状のものであり、粘土板の上に転がして使用していたそうです。
その後、印鑑は紀元前1400年ごろにシルクロードを通じて中国へと伝わり、西暦57年ごろに日本へとやってきました。

当時の中国では、シルクロードより伝わった印鑑が盛んに用いられており、皇帝が官吏や将軍に信証の具として授け、近隣諸国の王様にも贈っていたそうです。このとき中国から日本へと与えられた印鑑というのが、1784年に福岡県滋賀島にて出土された皆さんもご存知の国宝「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」です。

この「漢委奴国王」をきっかけに日本国内でも印鑑の歴史に幕が開かれます。

中国で発達した印鑑文化は、大化の改新後に遣隋使を通じて様々な中国文化が日本へと渡来した際に伝わったとされており、701年に大宝律令が制定されると同時に印鑑制度が定められ、官印が中央政府によって鋳造され、日本国内に広まったそうです。
しかし、大宝律令の制定によって印鑑が鋳造される以前に、7世紀末の女帝・持統天皇が神事に用いる印鑑を作らせたというお話もあり、日本で初めて印鑑を作ったのは持統天皇である可能性が高いと言われています。

平安時代になると、個人で印鑑を持つようになるのですが、平安時代中期から末期にかけて官印ではなく「花押(かおう)」と呼ばれる署名の下に書く判が積極的に用いられるようになります。

時は流れ、徳川家康公が泰平の世を築いた江戸時代を迎えると、印鑑は庶民のあいだでも普及し始めるようになります。
このころから行政機構の整備による文書や商業の発達による帳簿類の整備などで印鑑の使用が習慣化されるようになると、様々な証文に用いられる印鑑のことを「実印」と呼ぶようになり、それに基づいて印鑑帳が作製され、必要に応じて照合できるようになったそうです。
これが日本における印鑑登録の始まりだと言われています。

明治時代になると、実印の他に「認印」も広く用いられるようになり、明治6年7月に公の場で用いられる印鑑を管理されるようになり、個人の印鑑には印鑑登録制度が導入されました。

こうした取り組みは世界でも日本だけであり、筆跡だけが頼りとなるサインよりも筆跡と印鑑2つを照合できる方が確実だという考えから日本では古くからこの方法を取るようにしています。

印鑑の歴史を知ることで、いかに日本人が印鑑というものを大切にしているのかがお分かり頂けたかと思います。
印鑑は、その人だけしか持てない、その人だけの文字で作られた特別なものですので、今では就職祝いや卒業祝いなどで印鑑を贈る親御さんも多いそうです。

ニュース

2017/02/02
印鑑と判子は何が違うの?を更新しました。
2017/02/02
印鑑書体の種類を更新しました。
2017/02/01
印鑑に使われる素材についてを更新しました。
2017/02/01
日本における印鑑の歴史を更新しました。